自信を持ってスマッシュを打ち抜く秘訣とは?

Wilson racket

「上に強いかどうか」

これは、レベルの大きな分かれ目。

レベルの高いプレーヤーは、必ずと言っていいほどスマッシュが上手いんですよね。

彼らは、良いロブで後ろに下げられたってお構いなしでしっかり打ってきます。

そんなふうになりたいけど、

  • 距離感がつかめなくてタイミングが取れない…
  • 安定してボールを捉えられない…

そういう方はたくさんいると思います。

僕も学生の頃はスマッシュが苦手で、当たりもショボかったし空振りすることだってありました。

ボールが高いところから加速しながら落ちてくるから、タイミング合わせづらいですよね。

「ボールが落ちてくるタイミングの見極め」

自体は、その人の深視力や空間認知能力によるところが大きいです。

そのため、そこに関して全員にお勧めできる抜本的なアイデアみたいなものを、正直僕は寡聞にして知りません。

ですが

  • 少しでもタイミングを合わせやすくする方法
  • 意識するとスマッシュが安定するポイント

については、今までの経験から掴んできたコツをお伝えすることができます。

そこで今回は、

自信を持ってスマッシュを打ち抜きたい!

という方に向けて

  1. こうするとボールに合わせやすくなる!
  2. スイングのときにこれを意識すると安定する!
  3. ミスを減らすにはこう考えるのがおすすめ!

の3点について説明していきます。

noren

ボールを最後までよく見るのは大前提!

サーブのトスを打ちにいくイメージでボールに向かっていく

スマッシュが苦手という方の困りごとは、

noren

ボールが落ちてくるタイミングとスイングを合わせられない!

というものじゃないでしょうか?

確かに、高く上がったボールに対してバッチリとタイミングを合わせるのは難しいです。

そこで思い出してほしいのが、サーブ。

サーブだって、スマッシュと同じオーバーヘッドのスイングですよね。

なのに、

サーブで「落ちてくるボールにタイミングを合わせられない!」っていうイメージはあまり無い

と思います。

それはもちろん、サーブでは

  • 自分の手でトスを上げている
  • ボールの高さがスマッシュより低い

から困っていないわけですが…

だったら、

スマッシュの時に飛んできたボールも、自分が上げたトスだ

と考えてみましょう。

ボールの下に入るとき、

サーブを打つ時と同じ景色になるような位置にボールを入れる

という意識で動きます。

そして、

サーブを打つ時と同じイメージでラケットを出していきます。

noren

これだけでもだいぶ打ちやすくなりますよ!

もちろん、それでも

「スマッシュを打つボールとサーブの時に上げたトスでは、落ちてくるスピードが全然違う」

というのは変わりません。

ですが、サーブでも大事な次の2つをしっかりやれば、よりボールに合わせやすくなりますよ。

左手をしっかり上げて身体の横向きを作る準備が肝心!

左手への意識は重要。

スマッシュを打とうとした時、

サーブの時に比べて左手をしっかり出せていない

ケースをよく見かけます。

かく言う僕も、意識していないと左手が少し「だるっ」としてしまいます。

これは、スマッシュでタイミングが取りにくくなる大きな要因。

左手はサーブやスマッシュで身体の軸を安定させる役割を果たしてくれるものだからです。

左手がふらふらしていると…
軸が不安定になって、スイングのタイミングもあやふやに。結果、ボールに合わせにくくなります。

サーブでもそうですが、

  • 左手を「シャキッ」と上げること
  • 同時に身体をしっかり横に向けること

が重要です。

こうすることで軸が安定するので、ボールとの接点に幅ができてタイミングを合わせやすくなります。

インパクトの前からラケットの動きを感じることが肝心!

僕も以前はそうだったんですが、スマッシュになると

「インパクトのタイミングを合わせなきゃ!」

という気持ちばかり先行して、ラケットワークがぎこちなくなってしまうことがあります。

そうなると、

ボールを捉える感触をつかむのがとても難しくなる

んですよね。

これを避けるために、

インパクトに至るまでのラケットの軌道をイメージしながらスイング

しましょう。

  1. テイクバックで、ラケットは顔の前あたりを通過して頭の後ろへ
  2. スイング開始と同時に、ラケットヘッドが下がって背中のあたりへ
  3. 下がったラケットが折り返して上方へ
  4. インパクトに向かってラケットが起きていく

このラケットの動きの中にボールを取り込む

というような意識でスイングすると、タイミングが取りやすくなりますよ。

先ほど話に出した

「サーブと同じ景色になるような位置にボールを入れる」

と繋がってくるわけです。

noren

ボールに意識を奪われすぎないでね!
スポンサーリンク

急激にスイングを始めない!流れを意識するとスムーズにインパクトできる

ここも、「サーブと同じように打とうね」というお話です。

落ちてくるボールの速さに意識が行きすぎて、慌ててラケットを振り始めていませんか?

ラケットを構えたら、少しゆとりを持ってスイングを始めると良いんですよ。

一つひとつの動作が「急」だと、

一か八か的な感じで「えいや!」なスマッシュ

になってしまいます。

noren

もちろん、インパクトも安定しない!

そうならないためには、スイング全体を一緒くたに考えるんじゃなく

徐々に加速して大事なところにピークをもっていく

というイメージを持ってみてください。

例えるならば、です。

STEP.1
イントロ
上がったボールの高さや勢いを見て、ボールに向かう
STEP.2
Aメロ
ラケットをセットしつつ、ボールの落下点に入る
STEP.3
Bメロ
・フォワードスイングが始まる
・ラケットヘッドが一回落ちたあと背中でクルっと回る
STEP.4
サビ
・ラケットヘッドが加速しながら上へ上がる
・ボールを捉える
・手首の返しとともにラケットが前へ
STEP.5
アウトロ
そのまま自然に振り抜いてフィニッシュ

インパクトの直前~直後の間が、一番重要なサビです。

Bメロから一生懸命ラケットを振るのんじゃなくて、サビに向かって徐々にラケットに勢いを与えていきましょう。

そうすると、インパクトがブレにくく安定します。

逆に、スイングするのを怖がり過ぎても良くないですよ。

サビの時ラケットとボールにしっかりと力を加えていないと、かえって安定しなくなるのでご注意を。

スマッシュミスを減らしたいなら、ボールの回転が肝!

よほど簡単なスマッシュでない限り、ボールに回転を与える意識を持ちましょう。

これだけでも安定度がグッと増します。

スマッシュと言うと

「フラットで叩きつけなきゃ」

というイメージを持っている方も多いかも知れませんが…

それは超ネット際の簡単なスマッシュだけに限った話です。

ある程度ネットから距離があったら、フラットすぎる当たりはミスの元。

フラットの特徴
完全なフラットだと、打点に幅が少なくてシビアになります。

しかも、試合の中では

「その場でスマッシュを打つ」

って場面はそう多くないはず。

だいたいは、相手が上を抜こうとしたロブに対して

「下がりながら打つ」

というケースが多くなります。

そうなってくると、フラットで打つと余計にコントロールがつきにくくなってしまうんですよね。

なので、厚く当てつつ若干の回転をかけることが安定の秘訣です。

パワーと安定の良いトコ取りができますよ。

そのためには

  • 身体をしっかりと横に向けて構える
  • インパクトで、ラケットフェイスの向きは下ではなく前
  • 振り抜く方向は、ボールに対して真っすぐではなく若干利き手側

というのを意識しましょう。

少し回転をかけても、当たりが厚ければ十分パワフルに打てるんです。

「ラケットフェイスを前に向ける」というのは、これもサーブと同じイメージで

ボールを遠くに飛ばす

ようにするためでもあります。

この意識が無いと、長い距離のスマッシュをミスなく打てるようになりません。

さっきも触れたとおり、試合中は

  • 下がりながら打つ
  • ネットから距離がある場所から打つ

というケースが多くなります。

「下げられた状態から長いスマッシュを打つ」

というのは難度が高いと考えられがちですし、実際に簡単じゃないです。

でも、個人的には

サーブに比べれば距離は短いし狙える範囲も広い

という考え方をオススメします。

サーブは、

  • ベースラインの後ろから打たないといけない
  • サービスエリアの中に入れないとフォルト

ですよね。

対してスマッシュは、

  • ある程度はネットから近いところから打てる
  • 相手コートのどこに打ってもイン

です。

サーブだと思って打つようにすると、イメージ的に難度が下がることでリラックスして振り抜けますよ。

noren

モノは考えようってこともあります!

まとめ:「無理をしない」「ちょっと無理をしてみる」を使い分けよう

今回は、スマッシュに対する不安を和らげる方法についてお話ししました。

大事なポイントをおさらいします。

  1. サーブと同じように打つ意識だけでも、だいぶ打ちやすくなる
  2. 左手をしっかり上げて横向きを作ることで、軸を安定させる
  3. 一連のラケットの軌道をイメージしながらスイングする
  4. 慌ててインパクトに向かわないこと
  5. ゆとりを持って、インパクトに向かって徐々にラケットを加速させる
  6. ボールに回転を与えることが、ミスを減らすための鉄則
  7. サーブよりは簡単な条件だと思えばリラックスして打てる

ミスをしない方法は、なにもスマッシュを上手く打つことだけじゃありません。

時にはスマッシュを諦めてワンバウンドさせるのも、大事な選択のひとつです。

と同時に、

難しいボールでもチャレンジして打ってみることも必要。

チャレンジしなければ上達のヒントが掴めないからです。

  • 「ここは無理せずに一回落とそう」
  • 「難しいけどここはチャレンジしよう」

その時の場面がどんなものかに応じて、自分の好きなほうを選択していきましょう。

それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です