テニスに役立つ「ネガティブな感情との付き合い方」を紹介!

signboard of HOPE

「ポジティブな状態は、ネガティブな状態よりも良いこと」

普通に考えたら、誰だってそう思いますよね。

楽しく前向きなメンタル状態でいると、頭も身体もよく動きます。

それによって、練習でも試合でも良いプレーができるのは間違いありません。

これはこれで真実ではありますが、場合によってはネガティブな感情も受け入れたほうが良いことも。

もっと言えば、

「無理にポジティブになろう」とすることが逆効果になる

こともあるんです。

今回は、メンタルに関して

試合や練習、生活の中でネガティブな感情になってしまったときの考え方

についてお話しします。

テニスでもそれ以外でも、色々な場面できっと役立つことがあるはず。

「自分を責めること」以上に有害なものは無い!

Accept yourself!

全ては、巷でよく言われている「自己肯定力」という言葉に集約できます。

テニスにおいても、これは必要不可欠。

ネガティブな感情が起こるまでは「良いほう」に考える

基本的には

noren

良い状態のメンタルを自分で作ろう!

という気持ちは大事です。

僕らは、現実に起きていることに対して捉え方によってポジティブにもネガティブにもなることができるからです。

どんなことがあっても、それを

勝手に良い意味で受け取る

というのが、ネガティブな感情を呼び起こさない原則であり、最善の方法だと感じます。

例えば

  • 事実:試合で一方的にやられっぱなし
    ⇒自分「ここから挽回できたら超かっこいい」
  • 事実:試合に負けた
    ⇒自分「え?失敗からじゃないと何も得られないよ?」
  • 事実:上手く打てない
    ⇒自分「伸びしろ半端ないじゃん、これから楽しみだわ」

みたいな感じですね。

ネガティブな感情が起こったら無理に逆らわない

…でもですよ。

いざ実際にネガティブなメンタル状態になってしまったら、

いつでも100%瞬時に切り替えて立ち直れる

という人なんて、そういないはずです。

すぐには立て直せないことも当然ありますよね。

その時は、無理に自分の感情に逆らおうとしなくても大丈夫です。

何か嫌なことがあったり思い通りにいかないときは、

  1. 自由な発想で「良いほう」に考えられたら、それでOK
  2. ネガティブな感情が大きくなってしまったら、無理に変わろうとしない

というのが大事です。

「ポジティブになろう」って考え方がいつでも正しいとは限りません。

なぜなら、自分の感情に逆らうと

マイナスな感情でいる自分を否定してしまう

という危険があるからです。


ちなみに…

running lady テニスのメンタルトレーニング③:「弱メンタル」の克服は簡単!

↑こちらの記事で

  • 「メンタルは簡単に変えられない」は思い込み
  • メンタルは自由な世界。自分の思うように作れば良い

と説明しましたが、これはあくまで心構え。

「そう考えることで、脳に良いクセ(習慣)をつけよう!」

というお話です。

いつも完璧でいられるのなら、誰も何も悩まないですよね。


ネガティブな感情をむしろ利用してプレーに活かせないか?

「自分を否定してしまう」

というのがとてもマズイ状態で、

余計に感情がマイナスな方へ進んでいってしまいます。

それを避けるためには、

ネガティブな感情を利用できる方法を探る

というのが有効です。

例えば

「試合中、上手くいかずに落胆や怒りを感じてしまう」

のようなケースだったら、その自分を責めるんじゃなくて

「落胆や怒りを逆に利用してやれないかな??」

と考えてみましょう。

  • とことん落胆して、勝敗に捕らわれない気楽さに変えてみる
  • 怒りを鎮めるんじゃなく、闘志に変えて逆に燃やしてみる

など、方法は何かしらあるはずです。

たとえ結果的にそれが上手くいかなかったとしても、

  • 「自分の感情に支配される」
  • 「自分の感情と向き合ってコントロールできる」

では大違い。

後者のほうが、圧倒的にメンタルの成長につなげることができます。

自分を否定するクセを無くすには「自分軸で生きる」こと

「自分を責める」は、「ネガティブな感情を抱く」よりも悪です。

自分で自分を認めてあげない限り、何をやっていても絶対に上手くいきません。

これは本当に断言できる。

なぜそんなにキッパリ言い切れるかというのは簡単な話で

僕自身がそうだったから。

僕は以前、細かいことから大きなことまで、自分を悔いて

noren

(アホだな~俺)

と、心の中で自分に対する否定の言葉を使ってしまうことが多かったです。

これってクセになると結構無意識にやっちゃうんですよね。

これは、その人その人の

  • 今日までの生き方
  • 性格
  • 生活環境
  • 人間関係

などによって、誰でも陥る可能性があるものだと思うんです。

「このままではいけない、変わらねば」と思って

  1. 「自分」を大事に、自分がとりたい行動をとる
  2. それによって誰からどう思われるかをあまり考えないようにする

というのを意識してみると、

自然と自分への否定の言葉は脳内から消えていきました。

不思議なもので、

ネガティブな部分も受け入れて自分を承認すると、かえってネガティブな感情が起こりにくくなる

というのを体感できるんですね。

「自分の気持ちに正直になると心が楽になる」

ベタな決まり文句のようですが、コレかなり正しいです。

noren

無理に自分の感情や願望を押し殺そうとしないで!!
スポンサーリンク

「自責」は良くないけど「自分を客観的に理解する」は必要!

Face yourself!

自分を責めるのは良くないと言いましたが、だからといって

何でもありということではありません

それではただの身勝手で自己中な人間ですもんね。

それによって自分がばらまいた悪影響は、往々にして自分に跳ね返ってきます。

そうならないためにも、自分を客観視することがとても大事です。

例を2つ挙げてみますね。

試合中にネガティブな感情に襲われた場合は

例えば

「試合中に嫌なことがあって、勝ちたいって気持ちが無くなってしまった」

というケース。

そのこと自体は、自分を悪く思う必要は全くありません。

ですが、同時に

  • 「今の自分は、こういうことが起こるとメンタルをやられるんだな」
  • 「今の自分の中で、試合の勝敗はだいたいこのくらいの重要度なんだな」

というふうに客観的に理解することは必要です。

自分が何を嫌がっているのかを自分で分かっていないと、

今後どうしていけばいいかのアイデアが出ません。

自分の中の価値観を自分で分かっていないと、

言動がちぐはぐになって自分自身が嫌な思いをしたり苦しむハメになります。

ダブルスの試合であれば、ペアに対しても嫌な思いをさせてしまうでしょう。

テニスをすること自体に後ろ向きになってしまう場合は

もう一つの例は、

「テニスをすること自体に対してやる気が起きない」

というケース。

これもさっきの例と同様、別に悪いことでは全くありません。

この場合、

  • 「今の自分の関心事はこれだけあって、テニスはその一つなんだな」
  • 「今の自分の中で、テニスはだいたいこのくらいの重要度なんだな」

というふうに客観的に理解することが必要です。

その価値観を自分で分かっていないと、

自分のしたいことが分からなくなってしまいます。

noren

来週はどこどこへ行きたいけど、とりあえず練習に顔出さないとなぁ

のようなことを続けていると、

自分の人生ではなく他人の人生を生きてしまっている状態になります。

時間は有限でとても貴重なもの。

自分が楽しく有意義に過ごせることに使うべきです。

まとめ:何事も「ほどほどに」頑張りましょう

今回は、ネガティブな感情との付き合い方についてお話ししました。

要点をまとめますね。

  1. 基本的にはポジティブにものごとを捉える意識が大事
  2. ネガティブな状態になっても、自分を責めるのだけは禁止
  3. 自分を大事にしているとネガティブなメンタルになりにくくなる
  4. 自分を客観的に理解しているとネガティブなメンタルになりにくくなる
  5. 周りを大事にしながらも自分の人生を生きよう

何事もバランスが大事ですよね。

自分を大事にしつつ、独りよがりになりすぎないこと。

練習や試合を頑張りつつ、ある程度ゆとりを持つこと。

ほどほどに頑張って、ゆるりとやっていきましょうよ。

今回はここまでです!

また来てね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です