【上達のポイント】「部分的なマネは意味がない」ではない!

imitating good players

テニスの上達を目指すとき、アプローチは主に3つあります。

  1. 人から教わる
  2. 自己流で覚える
  3. 誰かのマネをする

このうち、初心者から上級者までどんなレベルでも取り組みやすいのが

③の「誰かのマネをする」

です。

これは、誰でも上達の近道を通れる最高の手段

僕はこのサイトで

noren

上手な人の動き方をよく観察して、細かい単位で取り入れるのが大事!

という話をしています。

ところが!

一般的には

「細かい部分だけマネしても意味が無い」

と言われることが多いんです。

これについて、今回は「上手な人のマネをする」ときの考え方として

  • 細かい部分こそ取り入れよう!
  • 全体のイメージは必要に応じて取り入れよう!

というお話をしていきます。

なんで「部分的なマネは意味がない」と言われるのか?

この

「細かい部分だけマネしても意味が無い」

という考え方。

この意見は、ほんとに至る所で見聞きします。

その理屈は

  • スイング全体の流れが大事
  • だから、一部分だけ切り取ってマネしても無駄
  • むしろ「スイング全体の流れ」が悪くなる
  • 結果、理想的なショットは打てるようにならない

というもののようです。

でもそれって、本当にそうなんでしょうか?

僕の経験から言うと、これは

「一理あるけど、正しいとは限らない」

です。

確かに

  • スイング全体を一つの「流れ」として、まるごと取り入れる
  • リズムとか雰囲気を大事にして、自然な流れで打つ

っていうのも、効果的だし大事なこと。

それは同意します。

でも、「一部分だけ真似てみる」のも

同じくらい、いや、むしろそれ以上に上達につながる

ことなんです。

スポンサーリンク

「部分的なマネ」からしか得られないものがある!

たとえば、「サーブ」を例にとってみましょう。

これを「今よりパワーアップさせたい」「安定させたい」などと思った場合、

何かを変える

必要がありますよね。

同じように打っていては、結果は変わりません。

じゃあ、「何を変えようか?」って話になりますよね。

そこで

noren

ココをこうしてみよう!

と、ある程度は「具体的にやること」を決めないと打ち方は変わりません

何かを意識しないと何も変わらないんです。

サーブを細かく見ていくと、たくさんの要素があります。

それらすべてが、「試しに変えてみるポイント」になるわけです。

  • 構えた時に、足をどのくらい広げるか?
  • 構えた時に、両足をどのくらいの角度で置くか?
  • 構えた時に首や顔の角度をどのくらいにして相手コートを見るか?
  • トスを上げる時に、後ろ足を前足に寄せるか寄せないか?
  • トスを上げる前に、ボールを持った手をどのあたりまで下げるか?
  • トスを上げる時に、ラケットを持つほうの腕をどうやって運ぶか?
  • そのときのラケットの形はどんなふうにするか?
  • トロフィーポジションで、身体の捻り具合はどのくらいにするか?
  • トロフィーポジションで、左手をどの方向に向けておくか?
  • トロフィーポジションで、ラケットをどんな角度で持っておくか?
  • トスの高さとタメの長さはどのくらいにするか?
  • 打ちに行く時に、左手はどの位置に持っていくか?
  • インパクトで、上体や顔の向きはどのくらいにするか?
  • フォロースルーで、ラケットをどんな方向にスイングするか?
  • フォロースルーで、足をどんなふうに運ぶか?
  • トロフィーポジション~フィニッシュで、どのくらい身体を回転させるか?

こういう細かいところでも、

  • 何かひとつ変えただけで感触がガラっと変わる
  • 自分に合った打ち方のヒントを掴める

ということはよくあります。

更に続けていくと、

noren

こうやって打つとこういうボールになるんだね!

っていう理解が、頭の中で明確になっていきます。

この「明確に」が重要。

これは、さっきも言った

noren

ココをこうしてみよう!

という具体的な意識がなければ得られないものです。

そして、

noren

こうやって打つとこういうボールになるんだね!

という明確な理解がなければ

真に上達したとは実感できない

はずなんです。

なぜなら、感覚を頼りに「流れ」「雰囲気」を重視してばかりだと

  • 「上手く打てている」「思いどおり打てない」時の要因が分からない
  • 調子が崩れた時に戻し方が分からない

という状態が続くから。

つまり、「良い状態」が「一時的なもの」になりやすいってことです。

バランスよく、「良いとこ取り」しよう!

誤解のないように言っておくと、

「全体の流れや雰囲気を意識する」

というのもすごく大事なのは間違いありません。

細かい部分の意識だけではカバーできない部分のメリットを得られるからです。

要は、バランスが大事です。

「全体の雰囲気マネ」の長所・短所

メリット
  • 動きにリズムが生まれやすい
  • 運動連鎖を自然にやりやすい
  • プロっぽい動きだと思えてテンションが上がる
  • 脳内でプロの動きとシンクロして思い切ったプレーができる
デメリット
  • ショットを打つときに意識するポイントやコツが明確にならない
  • 調子が良い時と悪い時の波が大きくなりやすい
  • 感覚に頼り過ぎて少々雑なプレーをするクセがつきやすい

「一部分だけマネ」の長所・短所

メリット
  • 自分の身体を自由に操作する力が鍛えられる
  • ひとつひとつの身体の動かし方による効果を感じやすい
  • 実験のアイデアを無数に作れる
  • イメージ通りに打てるコツを明確にできる
デメリット
  • 気づかないうちにリズムが悪くなることがある
  • 思ったより強く意識しないと、すぐに意識が解けてしまう

まずは、それぞれのメリット・デメリットを理解すること。

そして、自分の状態にあわせて両方のやり方を使い分けること。

そうやっていくと上達が早いです。

基本的な考え方は

  1. 「何かのショットをレベルアップさせたい」と思ったら…
  2. 見本とするプレーをよく見て、具体的に真似できるところを探す
  3. 見つけたことを実際にやってみることで、自分の打ち方を変える
  4. しばらく続けてみて、ショットがどう変わったかを感じる
  5. ②~④の実験を続けていって、自分に合ったコツを作る
  6. 途中でよく分からなくなってしまったら、全体のリズムや流れを重視する

です。

あくまでベースは「具体的な行動」と「明確な理解」。

迷った時のコンパスとして、「全体の流れ・リズム・雰囲気」を意識する。

それが、上手な人のマネをして上達する効果的な方法です。

まとめ:気づいたことはどんどん試すのが上達の近道!

今回は、上達のためのポイントとして

「上手な人のマネをするときのやり方・考え方」

についてお話ししました。

要点をおさらいしておきましょう。

  1. 上手な人のマネをするのは、上達のために大事
  2. 細かく具体的なことをマネしないと得られないものがある
  3. 全体の流れを大事にしないと得られないこともある
  4. 基本的には「具体的な行動」と「明確な理解」が必要
  5. 色々やっているうちに混乱したりリズムが悪くなったりしたら「流れ」を重視
  6. 両方のやり方を活用して、自分に合ったコツを作っていくのが最高の上達法

誰かから

「そんなことしたって無駄だよ」

と否定されても、気にせず自分の思ったことをやればOK!

上達するためには、

「自分がこうしたい」

という主体的な想いとか行動が何より大事です。

noren

「最高に楽しむこと」が「上手くなる」秘訣!

今回はここまでです!

また来てね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です