メンタルの悩みから解放されよう!理想のテニスに近づく方法

ball-and-line_1

試合でも練習でも、常に「自分」を出し切って最高な気分でプレーができる。

そんな状態を作れたら、今よりもっともっと楽しくなると思いませんか?

テニスというスポーツは、

単純なテクニックの優劣だけで試合の勝敗が決まらない

というのが面白いところ。

いくら上手に打てる技術を持っていても、勝てるはずの相手に負けてしまうことはままあります。

その原因は、

メンタル面が整っていないために本番で力を出し切れていない

というところにあります。

もちろん僕も何度も経験していますが、これって後味が悪いもんですよね。

実際、こうしたメンタル面の悩みを持っている方はかなり多くいます。

  • 試合になるとひどく緊張しちゃって全然上手く打てない…
  • 周りがすごい強そうに見える。自分のレベルでは不安がいつも消えない…
  • たくさん練習して頑張っているのに、なかなか結果が出ない…

その気持ち、痛いほど分かります。。

考えてみれば、

錦織圭選手や大阪なおみ選手のように世界のトップで活躍するプロ選手

でさえも、自身のメンタルとは常に闘い続けています。

そう易々とマスターできるほど簡単な話じゃないですよね。

誰だって、100%完璧に自分のメンタルをコントロールすることなんてできません。

だけれども、

考え方と取り組み次第で100%に近づけることは可能です。

そこで今回は、

「試合でも気持ちよくプレーをして結果に結び付けたい」

という方に向けて、学生時代からずっとテニスを愛し続けてきた僕が今まで身をもって学んできた、

  • メンタルを強くするためのマインドセット
  • メンタルを強くするための具体的な実践

をシェアしていきます。

非常に深いテーマなので、それなりにボリュームがある内容になっています。

ここに全部書き連ねると読みづらくなってしまうため、

「メンタル強化企画」として、4つの記事を用意しました。

良いメンタルを作るために必要なことのみ紹介することを約束します。

お悩みの方は一度試しに取り入れてみてはいかがでしょうか。

きっと、

  • 「自分の力を最大限発揮できる体験」が増える
  • 「納得のいかない変な負け方」が減る

という結果が得られるはずです。

noren

では、始めましょう!

試合で強くなりたいなら、2種類のメンタルを整えよう!

「メンタル」と一口に言っても、大きく分けて2種類あります。

一般的には一つの意味で使われている言葉ですが、それだけでは大事な部分が見落とされています

まずはこの「2種類のメンタル」について理解して、それを強化するための具体的な取り組みをチェックしてみてください。

試合に強くなるメンタル① 「短期メンタル」

returning posture テニスのメンタルトレーニング①:楽しむことを忘れたら終わり

試合に強くなるメンタル② 「長期メンタル」

what's your story テニスのメンタルトレーニング②:「普段なにを考えているか」
スポンサーリンク

メンタルの弱さの克服に対する思い込みを捨てよう!

冒頭でも言いましたが、

  • 自分はメンタルが弱い
  • 試合で緊張して上手くプレーできない

というふうに悩んでいる方は、非常に多いです。

しかし、そこには重大な思い違いがあるんです。

それを払拭して、自分の可能性を最大限に広げることを考えてみましょう。

試合に強くなるメンタル③ 「脳の悪いクセ」を排除

running lady テニスのメンタルトレーニング③:「弱メンタル」の克服は簡単!

「何をやってもダメ」なときの過ごし方を身につけよう!

2種類のメンタルをしっかり整えていけば、

  • 試合で良いプレーをするために必要な「地力」
  • 環境に影響されないために必要な「自分の軸」

は確実に強化できます。

それでも、いざ試合本番ではメンタルをコントロールできず、

「全然どうにもならない!」

なんて状況に直面することもあるんですよね。

そんな時にでも脱出の糸口をつかむための術を見つけておきましょう。

試合に強くなるメンタル④ 「どうにもならない時間」を乗り切る

racket on cray court テニスのメンタルトレーニング④: 「どうにもならない時」の対処法3つ

まとめ:メンタルは永遠のテーマ!自分なりの世界を創っていこう

全て読んでくださった方、本当にありがとうございます。

素晴らしく意識が高いと思います。

興味が沸いた内容があれば、実践したらしただけメンタルの悩みは消えていくはず。

そして、取り組んでいくなかで

自分なりのメンタルや世界

を創っていってもらえれば、それこそが僕としての本望です。

「ここまでやったらゴール!」

というのはなく、ずっと前に進み続けることが大事なんじゃないかと思ってます。

僕自身もまだまだ修行中なので、必要に応じて内容を追加していきますね。

今回はここまでです!

また来てね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です