リターンが安定しない人は最低限この3つだけ意識しよう!

Murray return

リターンは、

相手が自由に打てるサーブに対応しなきゃならない

という意味では、難しいショットですよね。

でも、見方を変えてみると

サーブは打てる範囲が限定されている

という意味では、リターン側は有利と言えます。

「サービスエリアの中に入れなきゃいけない」

これはサーバーにとっての「制約」なわけです。

そのぶん、「よほど良いサーブを打たれない限り、リターンを返すことはある意味簡単」と考えることができます。

ところが、重要なポイントを押さえないと途端に難しくなってしまうショットでもあるんですよね。

そこで今回は、その「押さえるべき重要なポイント」を3つご紹介します。

リターンを安定して返すために必要な部分なので、ぜひとも意識してみてください。

noren

これだけ押さえればミスはグッと減るはず!

① 何よりも大事なのは準備(スプリットステップ~肩入れ)の早さ!

リターンが上手くいかない原因を見誤っていませんか?

リターン成功の最大のカギを握っているのは、

「いかに素早い準備ができるか?」

これに尽きます。

シンプルな話ですが、準備が早ければ早いほどリターンは安定するんです。

僕もそうですが、ふつう何も考えていないと、「ジャスト」のタイミングで打ちに行ってしまいがち。

でも、ジャストでは遅いんです。

リターンの特徴
普通のストローク以上に早く準備しないと、コントロールが利かなくなってしまう

ですので「準備を早く!」というのをきちんと意識しましょう。

具体的には次の2つです。

相手がサーブを打った瞬間に反応するイメージを持つ

まずは、ボールの動きに目を凝らします。

そして相手がインパクトした瞬間、

そのボールがフォア側・バック側のどちらに飛んで来るか?

を判断します。

これは反復練習すれば必ずできるようになるので、必ず意識しましょう。

この反応が早いと、次のターン動作がとてもスムーズにできます。

ワンポイント
スプリットステップのタイミングを上手く合わせましょう。相手のインパクトの直後に着地するのがコツ。左右どちらかに素早く蹴り出せます。

ボールが飛んでくる方向に素早く肩を入れる

テイクバックは、「肩を入れるだけ」です。

手首やラケットを色々と使おうとしないでください。絶対にミスが増えるので。

肩を入れる動作だけに絞ることで、

  1. ボールに対して遅れにくく、スムーズにインパクトに向かえる
  2. コンパクトなテイクバックによってインパクトがブレにくい

という効果が生まれます。

肩の入れ方が不十分だと…
リターンが安定しないだけでなく、相手にコースを読まれやすくなるので注意しましょう。
スポンサーリンク

② ボールを落とさずに前に踏み込んで打つ!

普通のストロークをするときに割とボールを落として打っている方は特に注意。

リターンでは、相手のボールの威力を利用して跳ね返すのがセオリーです。

ストロークのように大きく振り回してしまうと、

  1. 振り遅れてミスになる
  2. インパクトがブレてコントロールが定まらない

というデメリットがあるからです。

そうならないために、

軸足をセット→反対側の足で前に踏み込みながら打つ

というのが◎です。

ココに注意
顔(頭)を動かさないようにしてください。一気にインパクトの安定度が下がってしまいます。

すると先ほどのデメリットは消えて、

  1. 打点を高くできてミスになりにくい
  2. コンパクトなテイクバックからでも力強く返せる

というメリットが得られます。

プロのリターンを見てみると、必ずコレをやっているのが分かりますよ。

noren

まあ、めちゃくちゃゆる~いサーブだったら普通のストロークの要領で打てばOKですが。

この打ち方には、もう一つ大きなアドバンテージがあります。

前でボールを捉えることで相手のサーブの角度を狭くすることができる

ということです。

ポジションが後ろすぎると…
広範囲を守らなきゃならない上に、相手のサーブの力を利用しにくくなります。

時には、リズムを変えるためにあえて下がって、中ロブ気味なんかで返す作戦もあり(プロもやってる)ですよ。

ただ基本的には、前に踏み込んでボールを捉えることをオススメします。

③ フォロースルーは前に大きく!どんなサーブに対しても意識

リターンは「当てるだけ」のほうが安定するというイメージがあるかも知れませんが、実際はそうじゃありません。

フォロースルーをしっかり取ったほうがコントロールできます。

ただし、思い切り振り回すって意味じゃないですよ。

コンパクトなテイクバックから、前に大きく押し出す(振りぬく)

というようなイメージ。

プロの試合をよく見てみてください。

あれだけの威力とスピードのあるサーブに対しても、「フォロースルーを取らずに当てるだけ」というのはほとんど無いでしょう。

スライスでのブロックリターンなんかは別にして、

いつもフィニッシュはきれいにラケットを前に出している

というのが分かるはずです。

あのイメージを真似るようにしましょう。

素早い準備が活きる
速いサーブや角度のついた厳しいサーブに対しても、できるだけフォロースルーを取ることが大事。これは、①の素早い準備によって可能になります。

ちなみに、これは

「ダブルスでリターンが前衛に捕まってしまう…」

と悩んでいる方にも効果的です。

クロスにリターンしたいならクロス方向に大きくフォロースルーを取れば、リターンにスピードと角度が生まれて捕まりにくくなりますよ。

番外編:スライスでブロックしたり逃げる術も覚えておくと便利!

ここまでお話ししたのは、フラット系やスピン系での返球のしかた。

これだけでもリターン力はかなり上がるはずですが、スライスでのリターンも覚えておくとなお良しです。

素早いテイクバックから踏み込んで前に打ち出す方法が基本ではあります。

ただ、それだけでは対応しきれない場面も出てくるんですよね。

  • 反応しきれるスピードには人それぞれ限界がある
  • 相性によっても「返しやすい・返しにくい」がある

そんな時のために、

スライス気味に当ててひとまず相手のコートに返す

というのもできるようにしましょう。

スライスリターンが優れているポイントは結構あるんですよ。

  • どこに来てもワングリップで対応できるので、反応時間をより速くできる
  • ゆっくりとしたボールになるので、体勢が崩れても立て直しやすい
  • ロブを上げやすいので、ダブルスでとりあえず守りたいときに有効
  • 融通が利きやすく、同じフォームで直前まで打つコースを選べる
  • 余裕があれば、踏み込みながらチップ&チャージすると相手を困惑させられる

ただし、スライスはややもすると甘くなりやすいショットでもあります。

そのため打つ時は次のポイントを意識しましょう。

  • 最後までボールをよく見て引きつけることで、当たりを厚くする
  • 最後まで身体を開かずに横向きを保つことで、力を入れやすくする
  • できる限りフォロースルーを大きく取る

これだけ意識して、面の向きをいろいろと変えながらコントロールのしかたを探ってみてください。

ちなみに、ロブで逃げたいときは上に振り上げてはダメ。逆にボールが上がらずチャンスボールになります。

スイングの方向は斜め下くらい。

面の向きだけは上に向けながら振りぬくことで、スライスがよくかかって良い角度で上がりますよ。

noren

とにかく、プロや上手な人をよく見て真似るところから始めましょう!

まとめ:ミスを恐れず、積極的な気持ちでボールに向かおう!

今回は、リターンを安定させるために必要なポイントを説明しました。

要点をまとめます。

  1. 準備をいかに早くできるかが最重要ポイント
  2. ボールが飛んでくる方向に素早く肩を入れてテイクバック完了
  3. そこから前に踏み込んでインパクトする
  4. 顔(頭)を動かさないことで軸を保つ
  5. フォロースルーはいつも前に大きく取る
  6. スライスで逃げることができると対応力が上がる

リターンは、失敗してしまえばポイントが始まらない重要なショット。

だからと言って、失敗を恐れて臆病になると逆にミスが増えてしまうという罠があります。

積極的な気持ちで打ちにいったほうが、かえって安定するものですよ。

ここで紹介した部分を意識してリターンを安定させて、ポイント獲得率を上げていきましょう!

今回はここまでです:)

また来てね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です